【訪問看護】診療報酬オンライン請求用端末と介護保険請求用端末との兼用は可能か

  • URLをコピーしました!

2024年6月より、訪問看護でオンライン資格確認とオンライン請求が開始されます。
開始に当たって、『医療機関向け総合ポータルサイト』にて『よくある質問(FAQ)』が公表されていますので、訪問看護に関する特に重要なものを抜粋してご紹介いたします。

診療報酬オンライン請求用端末と介護保険請求用端末との兼用は可能か

結論:不可

訪問看護(オンライン資格確認・オンライン請求)に関するよくある質問(FAQ)にて、以下の通り解説されています。現在、診療報酬オンライン請求用端末と介護保険請求用端末とで兼用を検討されている事業者様はご留意ください。

A オンライン資格確認/オンライン請求用端末とレセプト作成用端末(医療保険請求用)を兼用する場合は、オンライン資格確認/オンライン請求用端末として用いるための要件を満たした上で、セキュリテ対策を講じることと、必要最小限のアプリケーションのみをインストールすること、業務に使用しないアプリケーションや機能については削除あるいは停止するか、業務に対して影響がないことを確認して用いる必要があります。

なお、多くの訪問看護ステーションにおいては、介護保険の請求とレセプト作成を1台の端末で使用していると思われますが、この介護保険で使用している端末との兼用はできませんのでご留意ください。

訪問看護(オンライン資格確認・オンライン請求)に関するよくある質問(FAQ):医療機関向け総合ポータルサイト
https://iryohokenjyoho.service-now.com/csm?id=kb_article_view&sys_kb_id=3299a11647650250fc73cc39116d43de
事務所概要

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SHARE!
  • URLをコピーしました!